WORKS制作事例

沿線の今をテーマに、沿線住民参加型コンテンツが満載!
Client : 阪神電鉄

WEB印刷東京グラフィティ

みんなで伝える阪神沿線の「今」をテーマに取材した阪神沿線の方々のリアルな声をご紹介する『HANSHIN GRAFFITI』のvol.5が公開されました。

阪神沿線活性化に向けた取組みとして、阪神電車とTokyo graffitiが、沿線を楽しむ「人」をテーマに「親近感」「リアリティ」「エンタテインメント性」のある独特のテイストで、地域の魅力を伝えるコラボレーション。

TOKYO GRAFFITIの一般人大量取材ノウハウ、企画をもとに阪神沿線の方々に街の魅力や自身の夢・思い出などを取材。そのリアルな声を冊子やポスター、沿線情報誌等で紹介することによって、阪神沿線の今の魅力を発信していくという、
まさに、住みやすさ・心地よさ・知縁といった“たいせつ”がギュッとつまっている阪神沿線の価値を感じられる地域密着型コラボレーション。

HANSHIN GRAFFITI vol.5

「ネオ阪神人」
沿線の街にいる、ちょっと新しくて、ちょっと変わった人を紹介

「ネオ阪神人」

「HANSHIN VOICE」
街の人に沿線の魅力を聞きました。

「みんなの阪神フォトギャラリー」

そのほかにも、沿線の様々な人たちが登場する多様なコンテンツを展開。
阪神沿線の駅、車内ポスター、駅内設置のフリーペーパー、沿線情報誌「ホっと!HANSHIN」、WEBサイトで公開中!